記事

ホームページリニューアルの目的と目標を設定する

初版公開日:2019/4/14

最終更新日:2019/4/20

WEBサイト制作の全体の流れを理解し、チェックリストを手元に用意したら順番に検討事項を埋めて行きます。

ホームページのリニューアルを検討する際に、一番最初にするべきことは、リニューアルの目的と目標を決めることです。

リニューアルの目的とは?

一般的にリニューアルの目的とはどのようなものがあるでしょうか。よくある目的を挙げてみます。

  • 売上を向上させたい
  • 会社・商品の認知度を上げたい
  • デザインが古くなったので新しくしたい
  • リブランディングのため
  • 良い仲間を採用したい
  • ユーザーに新しい機能・コンテンツを提供したい
  • 新しいデバイスに対応したい
  • 検索エンジンで上位に表示されるようにしたい

ざっと挙げただけでも様々な視点からの目的がありますが、どれも立派な目的だと思います。

先ずは自分達の目的が明確であるか、多過ぎないかということを確認しましょう。

そもそもミッションを与えられただけで、その目的が明確でない場合は上司に確認しましょう。

出来れば目的は一つに絞りたいところです。多くても三つくらいでしょうか。複数個ある場合は必ずその優先順位をつけておきましょう。

優先順位がついていないと、何かを判断する際に、目的Aを叶えるにはA案を、目的Bを叶えるためにはB案を採用すべきという場合に、どちらの案を採用すべきかがブレてしまいます。

時にはA案を選び、時にはB案を選ぶということをしてしまうと、どちらの目的も叶い難い、中途半端なホームページになってしまう可能性が高くなります。

経験上、WEB制作において折衷案はあまりよい結果を生みません。

プロジェクトメンバーの全員がこのリニューアルの目的が何なのかを、優先順位も含め、いつでもハッキリと答えられる状態であることがプロジェクト成功への第一歩となるでしょう。

リニューアルの目標とは?

リニューアルの目的を全員で共有できたら次は目標を決めましょう。

目的と目標は似ていますが、目標は目的を達成したか否かを計る指標のことです。

例えば目的が「売上を向上させたい」ということであれば、目標は「いくら向上させるか」ということになります。

ここで大事なのは必ず数字で計測できるものにすることです。

これは目的が売上の場合はそれほど難しいことではありませんが、「認知度を上げたい」という目的だった場合、どういう状態になれば認知度があがったと言えるのかを考え、それを数値で表したものが目標となるのでなかなか難しいかもしれません。

ホームページをリニューアル後に「営業先で自社のホームページの話題をよく聞くようになった」といった曖昧なものでは正確性に欠けます。

もし、こういったことを指標にしたいのであれば、リニューアル前にはどれくらいの頻度でホームページの話題が出て、リニューアル後にはどれくらいの期間でどれくらいの回数話題に出たのかを計測する必要があると思います。

ただしこの場合も、ホームページのリニューアル自体が話題になりやすいことも考慮すると、リニューアル効果が本当にあったのかを計るという意味では適していないものと思われます。

目標と現状の差分を明確にする

目標値が決まったら、今の成績との差分を記録しておきましょう。

お問い合わせの件数を月間で100件にするという目標であれば、今は何件なのか?

売上を100万円にしたいという目標であれば今はいくらなのか?

比較できるデータが取得できていなければ直ぐに取るようにし、最低でも一ヶ月はデータが貯まるのを待った方がいいでしょう。

目標の計測期間を定める

ホームページのリニューアル制作が始まると、誰もがサイトの完成をゴールとして動き始めます。

プロジェクトの期間が長過ぎるとモチベーションの維持などが困難になるため、それ自体は一概に悪いこととは言えませんが、サイトの完成はあくまでも一時的なゴールと定めることをお勧めします。

その理由は新しいホームページが完成しただけでは、先に掲げた目的が叶った訳ではないからです。

それでは本当のゴールはいつなのでしょうか?

本当のゴールは目的が叶った時、もしくは叶うと予想したタイミングになります。

目的が叶ったかどうかは目標が達成されたかで計りますが、新しいホームページが完成して公開した日というのは、まだ目標の計測0日目となります。

サイトのリニューアル自体が目的である場合を除き、公開0日目で目的が叶うことはないでしょう。

どんな目標も達成するには相応の期間が必要になります。そして、その期間も含め目標を定める必要があります。

例えば一ヶ月で5kg痩せるという目標と、1年で5kg痩せるという目標では、その意味が違うように、期日も同時に定めることが重要になります。

サイトの完成を一時的なゴールと言いましたが、プロジェクト全体を見ると2回目のスタート地点と定め、いつまでに目標を達成させるかの期日も併せて決定しましょう。

目標の計測方法と頻度を定める

最終的な目標計測日を定めたら、次は定期的な計測頻度を定めましょう。

ホームページの利点の一つに、比較的容易に修正ができるということがありますので、リニューアルしたまま目標の測定日まで何も修正しないでいることはありません。

当初の想定通りに行かないのであれば、目標達成の為に手を尽くせば良いのです。

そうやって徐々に目標数値に近づけるためには、いつ、どうやって、どのように計測するのかを予め決め、手段を講じた場合には、その結果についても、いつ、どうやって、どのように計測するのかを決める必要があります。

講じた手段が全て良い結果に繋がるとは限りません。

上手く行かなければ戻し、更に別の手法を試すといったことも必要になります。

そのためには、講じた手段についても、何を期待したのか、どの数値が伸びれば成功と言えるのかを最初に定め、ただ何となくで追加施策を行わないことが重要となります。

まとめ

目的を決めることの重要性、目標の設定方法と指標の決定方法、計測期間を定め可能な限り必要な手段を講じて行く必要があるということの3つをご理解いただけたでしょうか。

明確な目的と目標値が決定し、プロジェクトメンバー全員がそれを認識して納得していれば、リニューアルプロジェクトは自ずと成功へ向かいはじめるでしょう。

少し時間を使ってても必ずこの部分は摺り合わせておくとよいでしょう。

目的や目標の決定に悩んだり、自信が持てない場合、ホームページリニューアルラボでは、ホームページリニューアルカウンセリングというサービスをご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

それではチェックシートの目的と目標の項目を埋め、次に進みましょう。